FANDOM


ミレニアムのメンバーである吸血鬼。褐色肌で耳や鼻や唇にピアスを付けており、黒いジャージに目玉が描かれた帽子を着ている。ルーク・バレンタインとは兄弟で、ヤンが弟。ぶっきらぼうで下品な言葉を使う。武器は両手に持ったマシンガン。吸血鬼であるために人間を凌駕する身体能力を持つ。

兄と共にヘルシング本部へと攻め入り、グールの部隊を引き連れてヘルシング機関の構成員のほぼ全てを殺害する。その後インテグラ殺害のため侵攻を続けるとウォルター及びセラスと交戦、グールの部隊を撃破され拘束される。隙を突き右腕を代償にインテグラ及び円卓議会のメンバーのいる会議室へと飛び込むも、拳銃による一斉掃射を受ける。瀕死の状態で口止めのために仕掛けられた発火装置が作動し、「ミレニアム」と言い残し絶命した。

2巻以降、ルークと共に単行本の巻末のおまけ漫画に主役として登場する。また作者の次回作である『ドリフターズ』の休載告知や単行本の帯にも度々登場している。